×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

クラミジアが感染する行為

クラミジアの感染経路や潜伏期間

クラミジアに感染してしまう原因の一つには、女性の自覚症状が乏しいことにあります。クラミジアに感染している女性に性行為を行なうと、性器感染したり、オーラルセックスを行なった場合には咽頭にも感染する為に、キスなどの行為でも咽頭に感染することがあります。クラミジアが咽頭感染している場合は、オーラルセックスで性器に感染することもあります。クラミジアの咽頭感染は、男女共に風邪に似た症状を起こしてきますので、気がつかないことが多いと聞いています。

 

クラミジアの潜伏期間は2週間から3週間程度と言われていますが、男性の性器感染は、性器に痛みを感じるようになるので気がつきやすいのが特徴的ですが、女性の性器感染、咽頭感染は気がつきにくい為にクラジミアの症状がわからないことがあります。


クラミジア検査キットの通販はこちら!